ニキビの予防や治療は、1年中同じ方法ではダメなのはご存知でしょうか。

日本は四季があって気候が変動しますが、それに合わせた予防や治療を行わないとニキビは良くならないのです。

季節別のニキビ対策の方法を覚えておきましょう。

ニキビは皮膚科で治療できますが、その前に自分でできることはやってみましょう。

◆春と夏のニキビ対策

春は1年のうちで一番ニキビが悪化しやすいと言われています。

花粉などで肌のバリア機能が低下することと、入学や入社、転勤など環境が変わる時期でストレスがかかるのでホルモンバランスが乱れることが原因です。

肌の花粉対策とストレス解消をすることが大切です。

夏は紫外線を多く浴びることで肌の水分や油分を奪われるため、肌のバリア機能も破壊されていまいます。

紫外線を浴び続けると防御反応で角質が厚くなり、角栓ができやすくなってニキビとなります。

夏は何といっても紫外線対策を行うことがニキビ予防になります。

◆秋と冬のニキビ対策

秋は良い季節だから肌トラブルもないだろうと気が抜ける季節ですが、秋の花粉、紫外線、乾燥に注意しなければなりません。

いずれも肌のバリア機能を低下させるので、ニキビができやすくなります。

冬は乾燥がひどくなるため、大人ニキビが悪化しやすい季節です。

肌が乾燥しないように手入れをしっかり行い、ニキビを予防しましょう。

◆乾燥対策をしっかりと

基本的に思春期ニキビは夏、大人ニキビは冬に悪化しやすいです。

しかしそれ以外の季節も油断することはできません。

特に肌の乾燥には気をつけるようにし、1年中乾燥対策を行う方が良いでしょう。

ニキビへの対処は皮膚科でもそのような指導がされているはずです。

 © 2017 - 失敗したくない!ニキビについて皮膚科情報集めました