肌質別のニキビ対策方法とは

Tags: No Tags
Comments: 肌質別のニキビ対策方法とは はコメントを受け付けていません。
Published on: 2017年10月11日

ニキビは脂性肌の人しかできないと思っていませんか。

肌質には脂性肌、混合肌、乾燥肌、敏感肌、アトピー肌とありますが、どの肌質の人もニキビに悩まされることはあります。

肌質ごとのニキビ対策について知っておき、対応するようにしましょう。

◆脂性肌と混合肌のニキビケア

肌に皮脂は必要なのですが、多すぎて皮脂が浮くような場合はトラブルが起きやすいです。

皮脂が過剰に分泌するのは、肌のバリア機能が弱っているからで、その原因は乾燥なのです。

べたつくからと、洗浄力の強いもので洗顔するとますます乾燥がひどくなります。

泡だけで優しく洗うようにしましょう。

混合肌は、Tゾーンが脂っぽくて他がカサつく状態ですが、元は角質層全体が乾燥しているのが原因です。

肌を保護しながらホルモンバランスを整えるようにするとニキビの発生は抑えられます。

◆乾燥肌と敏感肌のニキビケア

ニキビは皮脂が多いからできると思っていませんか。

肌の乾燥によって毛穴が硬く小さくなり、そこに角栓が詰まりやすくなるのでニキビができるのです。

大人ニキビの原因のほとんどが乾燥ですから、保湿が一番重要なのです。

敏感肌の場合も肌の奥深くが乾燥している可能性があります。

乾燥肌も敏感肌も、乾燥と男性ホルモン過剰に注意します。

ホルモン関係の治療は、皮膚科の指示に従った方が良いでしょう。

◆アトピー肌のニキビケアは?

アトピー肌だとニキビはできないと思っていませんか。

ニキビの原因の一つに肌の乾燥がありますが、アトピー肌の人は乾燥しやすいので注意が必要です。

アトピー性皮膚炎の場合はまず皮膚科で診察を受け、その治療を行いながら肌のケアをしてニキビを予防しましょう。

Welcome , today is 木曜日, 2017年12月14日